カードローンを初めて利用する人が知っておくべき情報とは?

カードローンは消費者金融と同じ意味で使われることが多く、無担保かつ保証人のいらないローンのことです。
カードローンの業者は、銀行系や消費者金融系、信販系などに分かれています。

申し込みについて

現在のカードローンの申し込みは、業者の店舗に出向くことは少なく、インターネットあるいは無人契約機を利用するのが一般的です。
インターネットで申し込む時には、業者のサイト内の申し込みページから行います。
インターネットで申し込みから審査、そして契約と融資まで完結するところもありますが、これは少数派です。
多くは、インターネットで申し込みと審査まで行って、契約やカード発行、及び融資は無人契約機などを利用します。

また、申し込みから融資まで無人契約機で行うことも可能です。
こちらの方がカードの発行をその場でできますので面倒が少ないかもしれません。
カードローンの申し込みに必要書類は、本人確認できる免許証などだけで済むところが多いようです。

審査について

カードローンを申し込みますと必ず審査があります。
審査は、申し込む人の氏名や住所、生年月日などに加えて職業や資産状況などの個人情報を元に、信用情報機関にあるデータベースでその人の信用情報を照会することで判断されます。
審査に通るかどうかは、申し込みをする人によります。

ただ、一般的には、ある程度の若い人で会社などに勤めていて、過去にカードローンなどの支払いに問題がなければ審査に通りやすいといわれています。
一方で、個人事業主あるいは高齢で過去にカードローン等の利用のない人などは、審査に通るのが難しいかもしれません。

なお、携帯電話の機器を分割で購入している人も信用情報期間のデータベースに登録されているといわれています。
それ故、携帯料金の支払い遅延などの過去がある人もカードローンの審査に通らない可能性が高くなります。

返済方法がリボ払いには注意しましょう

カードローンの返済方法は、ほとんどがリボ払いです。
リボ払いは、1月当りの返済額の上限が決められていますので、借入れが多額になっても返済自体は楽ですが、その分返済期間が長くなります。

このため、年利数パーセントから15パーセント程度のカードローン利息では、返済総額に対する利息の割合が高くなりやすい特徴があります。
カードローンは、貸し出し限度額までは何度でも借入れができますので、借り過ぎますとリボ払いの利息が重くのしかかってきます。

カードローンの利息には幅がありますが、はじめて利用する人は貸し出し限度額が低いのが普通です。
そうしますと、大体年利15パーセント程度の利息になるようです。

関連記事

カードローンでは繰り上げ返済が有効?着実に返済するコツ

カードローンを専業主婦が利用するための方法と条件について

カードローンの審査を確実に通る方法は?審査基準のポイント

カードローンでお得におまとめを利用する方法とは?

カードローンで損しないために役立つ金利と利率の情報を紹介

銀行系と消費者金融系のカードローンはどちらがおすすめ?