カードローンで審査にパスしやすい借入理由はホントにある?

カードローンの申し込みの時には、借入理由あるいは資金使途の記入欄がありますが、ここで適当でない理由を記入しますとそれだけで審査に通らないこともあります。
この欄へは、何に使うにかかわらず当たり障りのない理由を書くことです。

次のような借入理由はやめましょう

カードローンは、無担保で保証人もなくてよいローンですし、借りたお金の使い道も自由です。
そうは言っても借入理由には適当でないものもあります。

例えば、

・競馬や競輪などのギャンブル
株式や先物、あるいは今流行りのFXなどの保証金

などと記入するのは、審査に落としてくださいと言っているようなものです。

また、生活費という借入理由もあるとは思いますが、これなども審査を担当する人によっては受け入れられないこともあるそうです。

それから、カードローンを扱っている業者には、
・自動車ローン
・教育ローン
・住宅ローン
借入目的が定まったローンを扱っているところもあります。

そのため、上記のようなローンのところでは、自動車購入や教育費、それから高額医療費の貸付制度を利用した方が有利な医療費などはあまり適当な借入理由ではないでしょう。

適当な借入理由とは

カードローンで借りたお金を何に使うかは借りた人の自由ですが、適当な理由ではない場合もあると思います。

それでは、どんな理由が適当なのかといいますと、旅行費用や冠婚葬祭費、高級品の購入などが考えられますが、一番融通がきく借入理由はレジャーでしょう。

どんな借入理由を記入しても借りてしまえば何に使おうが借りた人の自由です。

また、借りた後に何に使っているのか業者が調べるのは、ほとんど不可能ですからとりあえずレジャーと書いてお金を手に入れることです。

それから、このようなことを知らない人が適当でない借入理由を書くこともあるでしょう。
この場合、親切な業者の担当者によってはレジャーなどと書き換えるようにアドバイスされることもあります。

こんな時には、それに従うことです。

自営業者が事業資金に使いたい時

自営業者の人がカードローンから事業資金を借りたいこともあるでしょう。
ただ、事業資金の借入は、それ用のローンを別に扱っている業者もいます。

そのため、事業資金目的でカードローンからお金を借りられないこともあります。
こんな時にも上記のレジャーを借入目的にするのは有効でしょう。

間違っても回転資金とか借入金返済などを借入理由にしないことです。
なお、自営業者が審査に通りやすい業者を選んで、上記のような借入目的でカードローンの申し込みをしますと借りられる率が高いそうです。

レジャーといいますと少し抽象的ですから、具体的にどんなレジャーか聞かれることもあります。
それには、嘘でもいいですから何か具体的に答えられるように準備しておくのが良いでしょう。

関連記事

カードローンで損しないために役立つ金利と利率の情報を紹介

カードローンでお得におまとめを利用する方法とは?

カードローンを専業主婦が利用するための方法と条件について

カードローンを初めて利用する人が知っておくべき情報とは?

銀行系と消費者金融系のカードローンはどちらがおすすめ?

カードローンの審査を確実に通る方法は?審査基準のポイント