カードローンの審査を確実に通る方法は?審査基準のポイント

カードローンの審査は、氏名や住所、生年月日などから個人を特定して、
信用情報機関よりその人の過去の信用情報を取り寄せて融資の可否を判断します。

普通は、過去に金融事故を起こしていないサラリーマンでしたら審査に通る確率は高いと言えます。

信用情報機関の情報について

信用情報機関は、カードローンやクレジットカードなどを利用している人の情報をデータベース化していて、カードローンなどの業者へ情報を提供しています。

このような情報には、個人情報やカードローンやクレジットカード、更に携帯電話の分割払いなどの利用状況及び返済状況があります。
なお、利用状況には他社からの借入れ等も含まれます。

また、過去に返済遅延などの金融事故を起こしていれば、それに関する情報もあります。
その他には、過去半年のカードローンなどの申し込み状況も把握しています。

信用情報に関して審査に通る条件とは

信用状機関からの情報の中で審査に大きく関係するのは、
過去の金融事故と他社からの借入れ状況及び半年以内の申込状況です。
過去に金融事故を起こしていますと、まず審査に通るのは無理です。
そして、他社からの借入れが多い人も審査通過は難しくなります。特に3社を超える借入れがあると多くのカードローンは審査に通らないでしょう。
また、過去半年以内に何社へも申し込みをしていて審査に通らなかった人も要注意でしょう。

申し込み回数は3回を超えていますと難しいそうですから、2、3回審査に通らなかった時には半年程度間隔をあけて再度申し込むようにすると良いでしょう。

これら審査ではねられる条件のない人でしたら、一般的に審査に通りやすいといえます。

職業などに関して審査に通る条件とは

カードローンの審査では、その人の職業や年収、資産、あるいは家族構成や年齢なども参考にします。
職業は勤めている人が有利です。

これは正社員以外にパートやアルバイトでも同じで、安定した収入があると認められれば審査に通りやすいといえます。
逆に個人事業主などは勤め人より審査は厳しくなるようです。

なお、勤め人の場合には、本当に会社に勤めているのか調べるために在籍確認を行いますので、嘘の申告をしてもバレます。
そのため、申し込み時の個人情報は正確に書くことです。

カードローンの審査基準は業者によってマチマチですから、あるところは審査に通っても別のところは落ちるという事がよくあります。
それ故、口コミなどを参考にして審査に通りやすい業者を選ぶのも1つのやり方でしょう。

関連記事

銀行系と消費者金融系のカードローンはどちらがおすすめ?

カードローンを専業主婦が利用するための方法と条件について

カードローンでは繰り上げ返済が有効?着実に返済するコツ

カードローンで審査にパスしやすい借入理由はホントにある?

カードローンを初めて利用する人が知っておくべき情報とは?

カードローンでお得におまとめを利用する方法とは?