カードローンを専業主婦が利用するための方法と条件について

カードローンは基本的に無収入では利用できません。
ただ、専業主婦の場合は何とかなることもあります。

パートなどの収入がある場合

専業主婦の方でもパートなどをしていて、個人の収入がある時にはカードローンを利用できます。
カードローンの多くは、正社員以外のパートやアルバイトの人でも継続して収入があれば借りられます。
これは専業主婦にも当てはまりますので、まずはカードローンに申し込んでみることです。

ただ、パートで働いている期間が短かったり、収入が不定期だったりしますと審査に通るのが難しいかもしれません。
また、過去にカードローンなどを利用していて、返済遅延などの金融事故を起こしていますと無理でしょう。
ところで、このような借り方の良い所は、個人で借りますので夫には知られないで済むところです。

夫の保証をつける場合

専業主婦ということは、夫の収入で生活しているという事でしょう。
この場合には、夫に保証してもらうことでカードローンを利用できます。

ただ、夫の保証を書面で求めるカードローンが多いですから、夫に知られるのは避けられません。
そして、これは夫がカードローンを作るのとほとんど同じですから、夫の対する信用調査があります。
つまり夫の審査が通りませんとカードローンは利用できません。
また、返済は夫の収入が頼りですから、夫の理解が欠かせないでしょう。

夫に知られないカードローン

一部の銀行系のカードローンには、無収入の主婦でも夫に知られずに利用できるところがあります。
これは、上記の夫の保証によってカードローンを利用する場合と同じですが、秘密裏に夫の保証をとるところが違います。
つまり、夫からの書面による保証は不要だということです。

ただし、夫の信用状況は調べますので、夫の勤め先や年収、あるいは資産などの情報はカードローン側に提出します。
そして、夫の信用調査を行なって審査に通るとカードローンから融資を受けられます。

問題点は、審査の段階で夫の勤務先などへの在籍確認があることや契約書類やカード発行を郵送で行いますので夫にバレる可能性があることです。
そしてもう1つのネックは、契約まで時間がかかるところです。

家庭のサイフを夫が管理している場合には、専業主婦のカードローン利用が多いといいます。
ただ、最初と最後の場合のように夫に内緒でカードローンを利用している人の中には、バレた時に家庭内トラブルに発展することも珍しくないそうです。

関連記事

カードローンで審査にパスしやすい借入理由はホントにある?

カードローンの審査を確実に通る方法は?審査基準のポイント

カードローンで損しないために役立つ金利と利率の情報を紹介

カードローンを初めて利用する人が知っておくべき情報とは?

カードローンでは繰り上げ返済が有効?着実に返済するコツ

銀行系と消費者金融系のカードローンはどちらがおすすめ?