銀行系と消費者金融系のカードローンはどちらがおすすめ?

カードローンを扱っているところには、主に銀行系と消費者金融系がありますが、貸出利息や審査方法、あるいはサービス等で若干の違いがあります。
しかし、一番の違いは総量規制でしょう。

貸出金利等について

カードローンは無担保かつ保証人のいらない融資ですから、
銀行系と消費者金融系問わず貸出金利は高くなります。
ただ、銀行系の方が若干低く設定されているようで、最高でも年利15パーセント程度です。
これが消費者金融系ですと年利で最高18パーセントと法律で定められる上限に近くなります。
貸出限度額で両者を比べてみますと、一般に銀行系の方が最高額が高いようです。
サービスに関しては消費者金融系の方が色々と工夫しています。
例えば、一定期間の貸出利息をゼロにするサービスなどは消費者金融系の複数業者が行なっています。

審査について

カードローンを申し込むと、申し込んだ方の在籍確認をする審査が一般的です。
在籍確認は、職場などに電話で確認するのが普通で、特に銀行系のカードローンではほとんどがこのやり方です。
電話による在籍確認は、カードローンからの電話だとわからないようにしますが、カンの良い人にはばれる可能性がありますので、これを嫌う人もいます。
このため、一部の消費者金融系のカードローンでは、健康保険証や社員証などの書類だけで在籍確認を済ませるところもあります。
ただし、高額の借入れの場合には電話での確認をするそうです。
次に審査の通りやすさですが、これは銀行系と消費者金融系というより、個々の業者によって異なるようです。

総量規制とは

21世紀に入りますと消費者金融への風当たりが強くなって、主に貸出に対する最高利息の法改正と個人に対する貸出限度額の規制が行われました。
貸出利息に対しては、それまであった年利30パーセント近いグレーゾーン金利を廃止して、貸出額によって年利15パーセントから20パーセントになりました。
そして個人に対する貸出限度額が、総額で年収の3分1までという規制もできました。
これが総量規制というもので、消費者金融系に適用されていますが、銀行系はこの規制から除外されています。
この部分が総量規制に関する銀行系と消費者金融系の大きな違いです。

どちらがおすすめかといいますと、銀行系の審査に通るのでしたら利息が有利なこちらが良いでしょう。
銀行系がダメだったり急いでお金を借りたい時には、消費者金融系の方にしてみたらいかがでしょうか。

関連記事

カードローンでは繰り上げ返済が有効?着実に返済するコツ

カードローンでお得におまとめを利用する方法とは?

カードローンを初めて利用する人が知っておくべき情報とは?

カードローンで審査にパスしやすい借入理由はホントにある?

カードローンの審査を確実に通る方法は?審査基準のポイント

カードローンで損しないために役立つ金利と利率の情報を紹介